BLOG
ブログ
更新日:2020年10月17日 お知らせ

海のギャング

IMG_1781

こんにちは!

営業一課のMATSUです。

今回はタチウオについてご紹介します。

 

タチウオはサバ亜目タチウオ科の海水魚です。

産卵期が4月~11月と長く、釣りの時期には抱卵したメスがよく釣れます。

寿命は5~7年ほどで、メスの方が大型になります。

生息域はほぼ全国と広く生息しております。

 

旬の時期になると防波堤からもよく釣れ、釣り人から人気な魚です。

 

タチウオは夜行性で、明るい時間は深場にいると言われています。

そのため日中は船からの釣りが断然有利です。

また移動中は横向きに泳ぎ、捕食モードでは縦泳ぎになるので

魚探の映り方で食い反応、食わない反応が見極めることができる魚です。

 

タチオウは、イワシや小アジなどの小魚を手あたり次第に食い荒らす魚食魚です。

そのため ‘海のギャング‘ と呼ばれています。

他にも各地で面白い呼び名が残っています。

 

神奈川県小田原では‘イトキリ‘

宮城県では‘ハクナギ‘

新潟県では‘シラガ‘

九州では‘サワベル(サーベルの意味)

また、細くて食べられない小型のタチウオをゲタヒモ、タビノヒモと呼ぶ地域もあるそうです。

 

釣って楽しい、食べておいしいタチウオの紹介でした!

 

横浜の建設業といえば、清和工業!!

 

Recruit

募集要項

アイコン

045-410-7745
9:00 〜 18:00

アイコン エントリー